HOME  > 盗撮事例

盗撮事例をお知らせします


1.義理の父か?(大阪府)

奥様からの依頼で現地へ。
玄関に入るなり「これです。」と手すりを指差す奥様。

目を凝らすと介護用手すりの中ほどに小さな穴があり、中からピンホールカメラが。

慎重に取り出すと、Webカメラが仕込まれており、配線は手すりの中を通って壁を抜け、裏
の部屋のパソコンへ向かっていました。

明らかに工事業者の仕事です。

説明すると、遺産関係で義理の父親がこの家の出入りを知りたいらしく、この家の工務店も義理の父親の関係だとの事。
それ以上の事情は聞かず、カメラ・書面を手渡しました。遺産関係は多いんです。

2.ダンス教室で(兵庫県)

ダンス教室からの依頼です。
社交ダンスかと思いきや、ヒップホップ(?)との事。

事情を伺うと、最近入った中年男性生徒のキッズへの動向がおかしいとの事。

調査の結果は無し。

今後も注視するとの事。盗撮は、盗撮用カメラ以外でも、家庭用ビデオカメラ・携帯電話等、
他の手段も使えるので更衣室などは要注意して頂く様に伝えました。

3.地球製でお願いします(大阪府)

男性の依頼で現地へ。
玄関に入ると、当人が部屋へ上がる前に自分の身体を調べてほしいとの事。
どうも一週間前に宇宙人に誘拐されて以来、監視され続けている模様。
今回は、地球製の盗聴器・盗撮器しか発見できない旨を説明し、調査を開始。

結果は本人も家も無し。

「やはり地球製ではなかったか...」と落胆されていました。
自分の限界を感じた一日でした。

4.元カレが......(大阪府)

30代女性からの依頼で現地へ。
以前同居させていた彼氏が執拗に復縁を迫り、
自分の生活をいつも見ていると脅されたとの事。
元カレは、電気に詳しいとの話を聞き、気合いが入る。

調査の結果は無し。

元カレの嘘がばれ、彼女は警察に相談するとの事で、ストーカーの手口を伝えて調査を終了しました。
このページの上へ